住宅建築工法のひとつである木造軸組工法について


住宅建築工法のひとつである木造軸組工法について、説明します。

木造軸組工法による住宅建築の工程は、基礎となる土台を鉄筋コンクリートで造り、木材を土台の上に構築します。

土台の直上に柱を立てます。

そして、柱どうしの間は斜めの筋交いで補強します。

なお、出っ張り部分と凹み部分を正確に作って、接合部分をかみ合わせます。

この出っ張り部分と凹み部分の加工は、従来、熟練技術を必要としていました。

しかし、現在では、コンピューター制御によって、精密な出っ張り部分と凹み部分の加工が出来る様になりました。

木造軸組工法による住宅建築のメリットは、開放感のある開口部を設けることが可能、狭い土地に対しても効率よく家を建てられる、和風や洋風など色々な外観に対応可能、増改築が簡単、と言ったことが挙げられます。

一方、デメリットは、シロアリ対策が必要である、通風や湿気に配慮する必要がある、施工にバラツキが生じ易い(職人技術に頼る部分があるため)、と言ったことが挙げられます。

関連記事


AX